• ホーム
  • ノンシリコンシャンプーは本当に髪に良い効果がある?

ノンシリコンシャンプーは本当に髪に良い効果がある?

頭皮ケアを普段から行っている方の多くは、将来的な薄毛や抜け毛などの頭皮のトラブルを起こさないためにも普段の髪のお手入れで、ダメージの起きにくいシャンプーやコンディショナー選びをする人が増えています。
特にノンシリコンシャンプーが人気になってきています。
実際にノンシリコンシャンプーを利用する上で何が髪に良い効果をあたえているのかというと、頭皮への負担となりやすいシリコンが配合されていない事にあります。
シリコンが使用されているシャンプーは、値段を安くするために洗浄成分が高い物を利用しているため、髪を保護するために必要な油分までも全て取り除いてしまうことで髪のきしみが生じてしまいます。
これをカバーする方法としてシリコン成分を配合することで、髪全体をコーティングし指通りがなめらかになる仕上がりにすることが出来ます。

しかしシリコンは髪自体をコーティングするだけで、髪のダメージを補修することは出来ないので頭髪のダメージがどんどん蓄積してしまう危険もあります。
シャンプーを行った際にすすぎが十分でないと、シリコンが頭皮の付着したままになってしまいせっかく髪を洗ったつもりでも、毛穴にシリコンが詰まってしまうと頭皮環境が悪くなることで薄毛や抜け毛が起こりやすくなってしまいます。

これらのことから、ノンシリコンシャンプーを利用すると高い洗浄成分が配合されにくくなるので頭皮や頭髪への刺激を減らすことが出来る効果があります。
また頭皮にシリコンが付着する危険がなくなるので育毛剤を利用した育毛ケアを行っている方や、頭皮改善を目指している方にとって長期間ノンシリコンシャンプーを使い続ければ、頭皮環境が整い髪質のコンディションが整ってきたと実感することが出来ます。
ただヘアダメージの度合いは人によって様々なので、ノンシリコンシャンプーの影響が髪に出てきたと実感出来るまで人によってある程度の期間の差があります。

ノンシリコンは本当に髪にいいの?

ノンシリコンシャンプーを実際に利用する上で、ノンシリコンは本当に髪にいいのかと不安に感じる方は多いですが、ノンシリコンを利用する上で一番髪に影響を与えるのは、髪の質感にあります。
シリコンシャンプーを利用して髪を洗浄すると、シリコン成分が髪全体を覆ってしまうので髪の質感が落ち着いてしまい重みが出てしまう特徴があります。
ノンシリコンにすると細い髪質の方でも髪がふわっと軽い仕上がりにすることが出来るので質感に軽やかさを出すことが可能です。

ただノンシリコンシャンプーを利用していると、どうしてもキューティクルを保護してくれる成分が不足してしまいます。
洗い上がりがキシキシとした指通りが悪い仕上がりになってしまう場合が多いため、このキシキシ感を軽減させることも大切です。
保湿成分が配合されているノンシリコンシャンプーを選ぶようにしたり、シャンプー後に洗い流さないトリートメントを併用するなどが効果的です。
乾燥やドライヤーなどの熱からのヘアダメージから保護してくれる効果もあるので、艶のある美しい仕上がりにすることが出来ます。

ノンシリコンは頭皮への刺激やダメージが少ないため、頭皮ケアをしっかり行いたいという場合にはとても便利です。
刺激が少ないということは洗浄力が弱いため、シャンプーを行う前には水で濡らす前にかならずブラッシングで頭皮の汚れをしっかり浮かせて、シャワーで汚れを十分に落としてからノンシリコンシャンプーを利用します。
洗う際にも指の腹を利用して優しくマッサージするようにシャンプーすると、シリコンが配合されていなくてもしっかり頭皮の毛穴の汚れまで綺麗に落とすことが出来るので、頭皮ケアを重点的に行いたい場合に向いています。