• ホーム
  • びまん性脱毛症とパントガールの効果

びまん性脱毛症とパントガールの効果

びまん性脱毛症とは女性に多い脱毛症で、その症状は頭髪全体が薄くなるというものです。
男性に多い男性型脱毛症の場合には、頭頂部や生え際など特定の部分が薄くなるというのが特徴的な症状とされています。
びまん性脱毛症は、加齢や妊娠、出産、ストレス、ヘアケアなど様々な原因によって引き起こされると考えられています。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンにあるといわれていますが、女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。
女性の体は、年齢が上がるにつれて女性ホルモンの分泌量が減っていくことが分かっています。
女性ホルモンの分泌量が減ることによって男性ホルモンが優位になり、びまん性脱毛症が引き起こされて頭髪全体が薄くなることがあるのです。

また、妊娠や出産時には、ホルモンバランスが乱れやすくなります。
ホルモンバランスが乱れるとヘアサイクルも乱れやすくなるので、びまん性脱毛症が引き起こされることがあります。
ただし、妊娠や出産の場合には一時的にホルモンバランスが崩れるだけなので、いずれ正常に戻っていきます。
それに伴い、びまん性脱毛症も改善していく場合がほとんどです。
それからストレスなどもびまん性脱毛症を引き起こす原因となることがあります。

大きなストレスを抱えていると、ホルモンバランスが乱れて自律神経が上手く機能しなくなるためです。
頭皮の血行が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養が毛根にまで行き渡らなくなるといった要因もあります。
その他にも、頭皮環境が影響してびまん性脱毛症が引き起こされることがあります。

例えば、洗浄力の強いシャンプーを使って毎日洗髪していると、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
すると、頭皮が乾燥して刺激を受けやすくなってしまい、皮膚トラブルを招いてしまうこともあります。
それが薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。
びまん性脱毛症は原因が解消されると症状も改善する場合がほとんどなので、早めに対処する必要があります。

パントガールは効果と安全性が認められている薬

パントガールは、びまん性脱毛症に効果的な女性用の薄毛治療薬です。
パントガールは飲むタイプの育毛剤で、女性の抜け毛や薄毛を改善して発毛を促す効果があります。
薄毛や抜け毛の治療薬というと、男性を対象にしているものがほとんどでした。
パントガールは女性の薄毛治療薬として開発されたものなので、女性でも手軽に抜け毛や薄毛の治療を行うことができます。

髪のボリュームが年々減ってきているとか髪の毛が細く柔らかくなってきた、地肌が見えるようになってきたといった悩みを抱えている女性も多いものです。
最近では、若い女性にも髪の毛の悩みは増えてきています。
パントガールには、パントテン酸カルシウムやチアミン(ビタミンB1)、L-システイン、ケラチン、薬用酵母、パラアミノ安息香酸といった有効成分が含まれています。

パントテン酸カルシウム
代謝に欠かせない成分で、髪の毛を修復する働きがあります。
チアミン
糖の代謝を促して血液の循環も良くしてくれる成分です。
L-システイン
髪の毛の主成分となるケラチンを構成しているアミノ酸で、髪の毛を健康に保つ働きがあります。
ケラチン
髪の毛の主成分で、髪の毛の90%はケラチンとされています。
薬用酵母
抗炎症作用があり、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいます。
パラアミノ安息香酸
髪の毛の老化を予防する働きがあります。

パントガールは、びまん性脱毛症に対して非常に高い効果を有する薬です。
世界中で多くの女性に使用されており、重篤な副作用の報告はありません。そのため非常に安全性の高い薬と評価されています。
ただし、人によっては副作用の症状が出ることもあるので、その場合には服用を中止したり医師の診察が必要になることもあります。